• 糸伍くみひもマスク
  • くみひもマスク Syuriken

組紐ならではの織りの美しさを実現したおしゃれなマスク

「伝統的工芸品」に指定されている「伊賀組紐」
その技術を熟練した職人により機械織にて生産、研究を続け幅広で柔らかい組紐の製造を実現。

原材料については、今回マスクという特性上、衛生面を最大限に考慮し、繰り返し洗える物を原材料にするため、
表生地にポリエルテルを使用しています。
裏地には浴衣地にも使える高品質のコットン100%のダブルガーゼを使用し心地良い肌ざわりに。

今、外出時の必需品となったマスク。おしゃれの一部として楽しむ人も増えてきています。
糸伍ではこの組紐を活用し、着物やスーツなど、あらゆるシーンに合うマスクを提案します。
是非、洋服を選ぶ感覚でTPOに合わせてマスク選びを楽しんでください。


伊賀組紐とは

美しく染め上げられた絹糸、その一筋一筋が交じり合い、組み独特の風合いと味わいを醸しだす組紐。
古来より脈々と継承された技法で、一本一本の組紐に込められたたくさんの人々の心と永い時間、それらが織りなす美しさとムスビが組紐の魅力です。組紐の起源は古く、奈良時代以前といわれ、主に仏具や武具の紐として使用されていました。
「伊賀組紐」は、明治中期に江戸の組紐の技術が伊賀地域に伝えられ、帯締めなどの和装小物をはじめ、高級手組紐の最大生産地として急速に発展し、昭和51年に経済産業大臣が定める「伝統的工芸品」に指定されました。
また、伝統技術を生かした機械織による生産、研究も進み、伊賀地域は組紐の特産地として発展し続け、和装以外の新商品開発の取り組みも盛んに行われています。